お腹を引き締める簡単なダイエット方法

お腹引き締めのために必要なことを徹底調査!

寝ながら楽ちんお腹痩せ!寝ヨガダイエット

本格的なヨガを行うのは時間もなくてちょっと・・・と思っている方におすすめのヨガがあります。それが、「寝ヨガダイエット」です。寝たままできるので、あまり運動を行わない方でもラクラク行えます。

24寝ながら楽ちんお腹痩せ!寝ヨガダイエット
※一般のヨガダイエットについては「ヨガがウエストダイエットに効く!」にて詳しくお話ししています。

 icon-bell-o 寝ヨガがダイエットに良い理由

ヨガのポーズでインナーマッスルを鍛えながら、腹式呼吸を中心としたポーズを行います。体の隅々まで酸素がいきわたり、血行が良くなることで新陳代謝がアップし、基礎代謝が増えます

また、ヨガ独特のゆったりとした動きと呼吸で、ストレスを解消することができるので、ストレスからの暴飲暴食を行うことを減らすことができるのです。そのため、摂取カロリーを減らす食事制限のダイエットを成功させやすいというメリットがあります。

ウエストに効く寝ヨガのやり方

寝ヨガは朝起きた時に行うのがお勧めです。体がリラックスしていてヨガの効果が高いからです。

〔くつろぎのポーズ〕

  • 1.横になったまま、腕を斜め45度に伸ばし、手のひらを上向きにする
  • 2.足は肩幅の広さで開く
  • 3.息を吐いたときに、全身の力を抜く

〔ワニの変形ポーズ〕

  • 1.腕を体と直角に開いて、手は床につける
  • 2.鼻から息を吸いながら、膝をお腹につける
  • 3.息を吐きながらゆっくりと片側に膝を倒して、顔は反対側を向ける
  • 4.息を吐いたら、10呼吸を行う
  • 5.鼻から息を吸いながら、1、2の体制に戻る
  • 6.息を吐きながら反対側に膝を倒して、顔は反対側を向ける
  • 7.息を吐いたら、10呼吸行う
  • 8.くつろぎのポーズを行い、もう一度やりにくかった側でワニの変形ポーズを行う

〔ワニの変形ポーズスペシャル〕

  • 1.膝を立てて、手は足の方に向けてまっすぐに伸ばす(手のひらは床向きに)
  • 2.お腹がぺたんこになるまで、息を吐き出す
  • 3.親指を握るようにこぶしをつくり、垂直に上にあげます
  • 4.鼻から息をゆっくりと吸いながら、かかとを上げる
  • 5.息を吐きながら膝を片側に倒し、腕を反対側に向ける
  • 6.息を吐いたら、10呼吸行う
  • 7.3~の手順で反対側の膝も倒し、腕を反対側に向ける
  • 8.息を吐いたら、10呼吸行う
  • 9.くつろぎのポーズを行い、もう一度やりにくかった側でワニの変形ポーズスペシャルを行う

痩せたウエストをイメージして行うと効果が出やすくなります。簡単ですので、ぜひ朝起きた時に行ってみてください。



記事一覧