お腹を引き締める簡単なダイエット方法

お腹引き締めのために必要なことを徹底調査!

腰ひねりダイエットでお腹痩せ

ダイエットを行って、体重が落ちても、最後までたるみが残ってしまう場所がわき腹のくびれの部分です。

ここをすっきりとさせてウエストを細くするには、腰をひねる体操を行うことが効果的です。ここでは、運動が苦手な方でも簡単に行えるウエストひねり体操を紹介します。
17腰ひねりダイエットでお腹痩せ

 icon-arrow-circle-o-right 人間ぞうきん体操

お腹の筋肉の中の腹横筋、腹斜筋を鍛えることができる体操です。最低限の動作でできるのに、効果が高いと言われています。

〔やりかた〕
  • 1.両足を肩幅に開いてまっすぐに立ちます
  • 2.胸の前で人差し指の先を合わせるようにします(手のひらは自分に向けます)
  • 3.そのままの姿勢で、足は動かさず、右を向きます
  • 4.右を向いたまま、5秒キープ
  • 5.ゆっくりと正面の姿勢に戻します
  • 6.左を向き、同じように5秒キープします
  • 7.ゆっくりと正面の姿勢に戻します

この動作を10回繰り返します。足を曲げたり、動かしたりせず、しっかりと両足を踏ん張って行うようにします。朝と晩1セットずつ行うのがおすすめです。

椅子に座って腰ひねり体操

ぞうきん体操と同じように、腹部全体が鍛えられる体操です。椅子に座って行うので、仕事の合間やテレビを見ながら行うことができます。

〔やりかた〕
  • 1.椅子に座って腕を上げて、足を床に揃えて座ります
  • 2.腕を曲げながら肩の高さまで上げ、手のひらを外側に向けて、中指を近づけるような姿勢を取ります
  • 3.両手を出したまま、腰を右にひねります
  • 4.その後、左に腰をひねります

上の動作を2~3分続けます。息は止めないことがポイントです。わき腹付近に負荷がかかりますので、無理しない程度に行ってください。

腹横筋を鍛えると、お腹で自然のコルセットの役割となり、ポッコリお腹も解消します。さらに、内臓もきちんとした位置に収まるようになるため、体調も良くなります。腹直筋を鍛える体操と一緒に行うことで、よりすっきりとしたウエストに近づくことができますので、一緒に行うことがお勧めです。

※ウエストダイエット法としては、「椅子に座ってウエストに効く体操を行おう」で紹介した椅子に座って行う運動法もおすすめです。



記事一覧