お腹を引き締める簡単なダイエット方法

お腹引き締めのために必要なことを徹底調査!

腹横筋を鍛えるエクササイズでポッコリお腹の解消に

ダイエットエクササイズなどで、よく「体幹トレーニング」という言葉がありますが、「体幹」とは、腹横筋の部分を指しています。腹横筋を鍛えると、ウエストラインやポッコリお腹がすっきりとして、引き締まった体になります。

15腹横筋を鍛えるエクササイズでポッコリお腹の解消に

腹横筋とは

お腹周りは、何層もの筋肉に覆われていて、一番下層にある筋肉が、腹横筋と言います。この腹横筋は、腹筋で鍛えることのできる腹直筋と違って横の方向に走る筋肉であって、腹筋運動では鍛えることができない筋肉です。腹横筋は天然のコルセットのような役目を行っている筋肉であり、この筋肉が弱ると、お腹がポッコリしてしまったり、ウエストラインが緩んだりする原因となってしまうのです。

 icon-arrow-right 腹横筋を鍛える方法

  • 1.仰向けに寝て、膝を立てます
  • 2.お腹に手を当てて、息を吸いながら大きくお腹を膨らませます
  • 3.ゆっくりと息を吐きながら、お腹をできるだけへこませます
  • 4.呼吸は行うようにして、お腹をへこませたままキープします

キープする時間をだんだんと増やしていき、30秒くらいを目標にします。1日に10回から20回を行うと効果的です。

このエクササイズに慣れると、外を歩いている時、会社でデスクワークをしている時、電車に乗っている時などにも、お腹をへこませていつでも腹横筋を意識することができます。

腹横筋を鍛えると嬉しい効果が

腹横筋を鍛えると、ポッコリお腹が解消され、ウエストのくびれがすっきりします。筋肉の量が増えるので、基礎代謝も上がり、体全体もスッキリさせることができます

また、骨盤の位置も元に戻りますので、内臓が上に上がり、便秘や下痢、胃もたれなどの症状が緩和されます。脊椎回りがしっかり安定するので、腰痛の解消にもなります。

腹横筋のエクササイズは、他の筋肉を鍛える時のような辛い感覚がないので、手軽に始めることができる運動ですので、普段あまり運動を行わない方にもお勧めです。スッキリとしたお腹ときれいなスタイルを維持するために、ぜひ毎日の生活の中で行ってみてください。



記事一覧