お腹を引き締める簡単なダイエット方法

お腹引き締めのために必要なことを徹底調査!

お腹痩せに効く!糖質ダイエットは何を食べれば良い?

糖質ダイエットでは、糖質を制限することでダイエットを行います。では、いったいどういった食べ物を食べれば良いのでしょう?

11お腹痩せに効く!糖質ダイエットは何を食べれば良い?

 icon-arrow-right 避けた方が良い糖質が多い食べ物

  • 主食
ご飯、パン、中華めん、パスタ、そば、うどんなどには糖質が多く含まれています。特に、パンやご飯は糖質が多く、糖質ダイエットを行う場合は、避けた方が効果的です。きっちり糖質を抜くのではなく、1日1食から2食を制限するような糖質ダイエットを行う場合は、夜にこれらの主食類を抜くようにします。

  • 野菜
イモ類、かぼちゃなどは糖質が高いのですが、栄養価もありますので、絶対に避けなければなどと厳密にすることはないでしょう。ただし、主食代わりに食べることは、おすすめできません。

  • お菓子
あめやガム、キャラメルなどの糖分の塊のようなお菓子は、もちろん糖質も高いです。また、せんべいやあられなどの主食であるお米からできているお菓子、もち米を使用したお団子なども糖質が高いものとなっています。小麦粉を使用したクッキーやビスケットも糖質は高めです。

  • 果物
バナナ、ブドウ、柿、さくらんぼなどの果物は糖質が多いので、避けるようにします。リンゴやみかんなど、おなじみの果物も糖質は多めです。

  • 飲み物
炭酸飲料水、清涼飲料水、果汁飲料は糖分が高く、糖質も多いです。また、飲み物の糖質はすぐに吸収されるので、血糖値を上げる原因となりますので、注意する食品です。

  • 調味料
砂糖やみりんなどの糖類が多い調味料や、ケチャップ、ソース、チリソースなどのドロドロとした感じのソース系の調味料は糖質が多いです。

 icon-arrow-up 糖質が少ない食べ物

  • 肉・魚
豚肉、鶏肉、牛肉などの肉類、さんま、あじ、まぐろなどの魚介類全般、卵などは、糖質が少ない食品です。肉、魚類は低糖質な食品ですが、ソーセージ、ハム、佃煮、魚肉ソーセージ、練り物などの加工品になると、糖質がアップしますので、気をつけましょう。

  • 果物
ラズベリー、ゆず、いちご、パパイヤなどは糖質が低いです。果物がどうしても食べたくなった場合は、上記の物を食べると良いですね。

  • 飲み物
お茶や水、コーヒーは糖質がほとんどありません。ブランデー、ウイスキー、焼酎は実は糖質がゼロの食品で、ワインも糖質は低めです。

  • 調味料
は糖質が少ない食品ですが、カロリーオーバーにならないよう気をつけましょう。マヨネーズは意外と糖質が少ない食品です。酢、醤油、塩、だしなど、糖質の少ない調味料を活用して味付けをするようにしましょう。

あまり神経質にならずに、おおまかに「これは糖質が多いもの」と覚えておくのが糖質ダイエットの成功の秘訣です。糖質ダイエットの方法論には「お腹痩せに効く!糖質ダイエットはどうやるの?」にて詳しく解説しています。



記事一覧