お腹を引き締める簡単なダイエット方法

お腹引き締めのために必要なことを徹底調査!

食べてもお腹痩せが簡単にできる3つの食習慣とは?

たくさん食べていても、スリムでウエストがすっきりしている人、周りにいませんか?そんなうらやましいと呼ばれる人たちの食習慣には、あるポイントがあるのです。

01食べてもお腹痩せが簡単にできる3つの食習慣とは?

ポイント1 本当に空腹のときに食べ、お腹がいっぱいになったらやめる

スリムな人は、本当にお腹が空いたときにだけ、食べ物を食べています。そして、お腹がいっぱいになったら、食べるのをやめます。

体からのサインに従って食べ物を食べていると、適切な量を食べるため、太ることはありません。自分がどれぐらい食べると調子良く生活できるのかを、気にしてみてはいかがでしょうか。

ポイント2 三食神話にとらわれない

朝、昼、晩と絶対に決められた時間に食べることが基本とされています。でも、お腹が空いていないのに、食事の時間だからと食事を摂っていませんか?実はこれが、太る原因になるのです。

例えば、昼のランチにバイキングなどに行って、たっぷり食べると、夜には全然お腹が空きませんよね。その状態でいつもと同じ時間に夕飯を普通に食べるというのは、完全にカロリーオーバーになります。その日はそのままベッドに入るぐらいでちょうど良いのではないのでしょうか。

ポイント3 健康にこだわり過ぎない

健康のために、きっちり栄養を取らなければいけないという考えは根強くあります。中高年の方が陥りやすい考えです。

毎日毎食、一汁三菜の食事をしていると、栄養的には良いのでしょうが、カロリーオーバーになりがちです。例えば、朝、胃もたれがしているのに、朝食は大事とばかりにパンに卵料理、サラダにヨーグルト、スープなどを食べているような方もいると思われます。栄養素は、1週間のトータルで満たされていれば良いという考えもありますので、1食はちょっと軽くするなどとすると、痩せる第一歩となります。

もったいないからと三食きっちり残さず食べていた方は、いつも通りの食習慣の概念を崩す必要があります。痩せる習慣がつくと、お腹からどんどん痩せていくので、ダイエットも楽しくなります。



記事一覧