お腹を引き締める簡単なダイエット方法

お腹引き締めのために必要なことを徹底調査!

内臓脂肪を解消するコツとは?

運動や食事制限を行ってダイエットを行い、内臓脂肪を減らすことは簡単です。

しかし、内臓脂肪を増やさないという体作りは、美容目的のダイエットと違って、生活習慣として身に着けていかなければなりません。
50内臓脂肪を解消するコツとは?
そのため、急激に体重が落ちるようなダイエットは向いておらず、続けていると健康を損なってしまう恐れがあります。

 icon-bar-chart-o 栄養バランスを考えた食事を

食事を抜いたり、主食を抜いたり、摂取カロリーを著しく低くしたりするダイエットは、美容目的のダイエットで行うことがありますが、内臓脂肪を減らすメタボリックシンドローム対策のダイエットには厳禁です。3食バランスの良い食事を摂ることが基本です。

肉、魚、野菜などをしっかりと食べて、体を維持する栄養を削ってはいけません。たまにはちょっとしたおやつなどを食べても良いのです。

筋力をつける運動を取り入れよう

ウォーキングは、内臓脂肪を効率的に落とすことができる有酸素運動ですので、運動習慣のメインとして行いましょう。このほかにも、筋力を鍛えるストレッチなどを、時間の余っている時などに取り入れると、さらにダイエットの効果が出ます。

筋力をつけると基礎代謝が増えますので、痩せやすい体質に変わります。食事の量がなかなか減らせないという方にもお勧めです。

体重計で細かくチェック

内臓脂肪は体のまわりにつく皮下脂肪よりも早く燃焼します。そのため、見た目が変わっていなくても、実際に体重計に乗ると体重が減っているということがあります。

朝、晩と精度の高い体重計に乗って、自分の体重のグラフを作ってみましょう。毎日行っていると、食べた物や運動したことによる相関性が見えてきて、どんなことを行えば痩せるのかがわかります。実際に体重が落ちて、グラフが下がっていくと、続けようというモチベーションに繋がります。

いかがでしたでしょうか。スッキリしたお腹のためにも、健康のためにも、これらのコツを積極的に取り入れてみてください。



記事一覧