お腹を引き締める簡単なダイエット方法

お腹引き締めのために必要なことを徹底調査!

骨盤のゆがみで太ってしまう理由とは

骨盤のゆがみを治すとダイエットに効果があると、骨盤ダイエットは大人気です。ここでは、なぜ骨盤のゆがみとはどういった影響があるのかを説明します。

42骨盤のゆがみで太ってしまう理由とは

骨盤のゆがみとは

骨盤は、お尻の部分にある「仙骨」、「寛骨」、「尾骨」のたった3つの骨によって成り立っています。体全体の骨格を支える重要な骨なのですが、実は筋肉と靭帯によって支えられているのです。

そのため、運動不足などで筋力が弱っていると、左右にも前後にも、すぐにゆがんでしまうのです。さらに、女性は出産の際にスムーズに赤ちゃんが生まれてこられるよう、男性よりも骨盤が開きやすくなっていて、ゆがみがちになっています。

骨盤がゆがんでいると太るわけ

骨盤は骨格の中心ともいえる場所ですので、骨盤が歪むと、全体的に姿勢が悪くなり、背筋や腹筋などが衰えます。筋肉が衰えると、基礎代謝が減ってしまうので、太りやすくなってしまいます。

筋肉が衰えることで、血行も悪くなり、溜まった老廃物の排出がうまくいかないと、むくんで水太りとなってしまいます。

また、骨盤が歪むと内臓の位置が下に下がり、消化不良の原因となり、さらには便秘の原因となります。お腹周りの筋力が弱っていると、ぽっこりしたお腹になってしまいます。

 icon-angle-double-right 骨盤のゆがみチェック

骨盤が歪んでいると、以下のような状態になります。まず、チェックしてみましょう。

  • 靴の外側がすり減る
  • 仰向けで寝ると、足先の開きが均等でない

また、こんな癖がある方は、骨盤がゆがんでいるおそれがあります。

  • 座る時は癖で足を組んでしまう
  • O脚またはX脚
  • 荷物を片方の手で持ってしまう
  • 立っている時に、休めのポーズで片方に重心をかけてしまう
  • 猫背

上記のポイントと反対の生活習慣を心がけることで、骨盤のゆがみを防ぎ、正しい位置に戻すことができます。

骨盤のゆがみを治すと、体にとってもダイエットにとっても良いことがたくさんあります。ぜひ骨盤ダイエットを試してみてください。



記事一覧