お腹を引き締める簡単なダイエット方法

お腹引き締めのために必要なことを徹底調査!

歩き方・座り方を見直してお腹痩せ

基礎代謝で消費するエネルギーの中で、特に筋肉はエネルギーを消費します。

(【基礎代謝とは何?ウエストダイエットを始める前に】参照)

筋力トレーニングや、ストレッチ、有酸素運動などで筋肉を鍛えることができるのですが、毎日の生活に追われていて、なかなか時間もなく、体力もないという方が多いと思われます。そういった方は、日々の毎日で行っている、歩く、座るなどの姿勢を変えて、筋力をアップさせることをお勧めします。
40歩き方・座り方を見直してお腹痩せ

筋力アップの歩き方

外出時や家事などで、歩き方を意識することで、筋力を鍛えます。立ち姿が美しいと、それだけでスタイルが良くなったようになりますよ。
  • 背筋を伸ばす
下を向いて歩いている方、お腹の肉がゆるんでいませんか。目線は前を向いて、背筋を伸ばして下腹部とお尻を引き締めるようにすると、筋力もアップし、お腹周りもスッキリします。

  • ひざを伸ばす
いつも歩いている歩幅よりも大きく足を伸ばし、足が着くときにひざが伸びているようにします。

  • まっすぐに歩く
人ごみなどでは難しいですが、なるべく直線を意識して、その上を歩くようにします。直線に歩くようにすると、自然と姿勢も真っ直ぐになります。

 icon-bell-o 筋力アップの座り方

仕事で椅子に長時間座って作業を行っている人に、特にお勧めする座り方です。

  • 骨盤を立てて座る
パソコンなどの作業をしていると、ついつい猫背で作業をおこなってしまいます。猫背をやめて、骨盤を立てて、おへその辺りを伸ばすようにすると、自然と背筋が伸びるようになります。

  • 背もたれに寄りかからない
背もたれによりかかると、姿勢が悪くなり、筋力が使われなくなります。なるべく背もたれは使わないような気持ちで座ると良いでしょう。

これらの姿勢を意識して毎日を過ごすようにすると、意識しない時に比べ、使われる筋肉が増えます。筋力がアップすることにより、基礎代謝量が増え、痩せる体質になるのです。続けることで、気になるお腹も自然に細くなることでしょう。



記事一覧